2005年04月19日

な、なんとフジ格下げ,

フジが格下げだそうです。
いくつ下げるつもりかは分かりませんが、
フジ、ちょっとかわいそうですね。
とはいえ、これでもしフジの株価が大幅に下落するようなことがあれば
これは買いでしょう。
今回の騒動の渦中にいただけに、これまでのような緊張感のない経営はなくなると思われます。
これまでよりも株主の方を向いた経営をしていくでしょうね。
またライブドアの株も安値で購入することができ、(一時的に資金負担は大きくなりますが)
ライブドアがこれまでどおり成長していけば見返りも大きくなるはずです。
そのためにもフジ、ライブで協力しあって行ってもらいたいものです。
--------------------------------------------------
フジを格下げ方向で検討 R&I、資金負担増で 格付投資情報センター(R&I)は19日、フジテレビジョンの格付けを引き下げる方向で検討すると発表した。
 フジテレビはライブドアと和解し、ニッポン放送を完全子会社化することになった。しかしR&Iによると、今年1月の同放送株公開買い付け発表時に比べ、ライブドアへの第三者割当増資などで資金負担が大幅に増えることになり、財務悪化懸念が強まった。

 フジテレビの現在の格付けは、R&Iが格付けしている民放テレビ局では最上位の「AAマイナス」。TBSは1段階下の「Aプラス」、テレビ朝日は2段階下の「A」となっている。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/t_sato_edge/19433912