2005年05月27日

最後の恋のはじめ方

P050527_2257ライブドアで応募した試写会が当たっていました!
「最後の恋のはじめ方」です。
が、試写会が5月27日。
はがきが家に来たのが5月の26日・・・
前日で予定がつかず行けませんでした・・・

これまでも試写会の通知が来るのが直前ってことはあったけど
前日ってのは初めての気が・・・

もったいなかったのですが、無駄にしてしまいました。

すみません。
応募した方で抽選に外れて、しかも今日行けた方・・・
申し訳ありませんでした(-_-;)  

Posted by t_sato_edge at 20:15Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月18日

やっと「あずみ」

先日テレビ放映された「あずみ」をやっと見ました。
売りの「殺陣」はなかなかでした。
上戸彩もかわいかったし、殺陣もなかなか決まっていたと思います。

しかしストーリーはいまいち納得いかない部分が多数あり、
見てての入り込めなかったのが残念。
原作を読んでいないので、原作に忠実なのかどうかは分からないのですが、
前提の家康側が加藤清正、浅野長政、真田昌幸を暗殺するとのことが
まず納得いきませんでした。
清正、長政はまだいいとして昌幸はすでに紀州に蟄居中であり、
しかも浅野長政が監視役だったため真田昌幸に関しては暗殺する必要性がありません。
この時点で真田家は徳川に対する反乱などは起こせるわけもありませんでした。
それに、徳川家自体もう真田本家は眼中になかったでしょう。
(幸村のお兄さんは徳川家に前々から入っているし・・・)
また、他にもいろいろあるのですが・・・まあ切りがないし・・・まあよいか。

あらすじはこんな感じです。
----------------------------------------------------------------
平和を築くために最強の暗殺者になるべく育てられた少女が主人公という斬新な設定と先の読めないストーリー展開、過激なバイオレンス描写などが評判となった人気同名コミックを「VERSUS」の北村龍平監督で映画化したハード・アクション時代劇。主演は人気アイドル上戸彩。共演に小橋賢児、金子貴俊、オダギリジョーほか。また、原田芳雄、佐藤慶、竹中直人、伊武雅刀らベテラン、実力派俳優が要所を締める。
 “関ヶ原の戦い”を経て、覇権は豊臣家から徳川家へと移った。しかし、未だ徳川家康の天下は盤石とは言えず、反乱分子の芽は決して見過ごすことの出来ない存在だった。そこで、太平の世を願う家康の側近、南光坊天海は、爺に対して反乱を企てる危険のある者を事前に抹殺するための暗殺者集団育成を密かに命じた。それを受け爺は、少女あずみをはじめ戦乱で孤児となった幼子を集めると、過酷な修行を課して最強の戦士へと鍛え上げていく。それから10年、無事修練を終えたあずみら10人の戦士たちは、自らに課せられた尊い使命を信じ希望と闘志に燃えるのだった…。
----------------------------------------------------------------


あずみ スタンダード・エディション
  
Posted by t_sato_edge at 00:10Comments(0)TrackBack(0)